PR:記事内に広告が含まれています。

声が枯れるし、痰が絡む病気はある?喉の調子が悪いときは?

健康
痰が絡むと声が出しづらくなるということはあります。
しかし、声が出しづらくなるだけではなく声が枯れることもあります。

痰と声が枯れることはあまり関係ないような気もするのですが、調べてみると、ある病気の場合は
痰と声のかすれが同時に出てくるようです。

なた豆茶は通販で購入できるから買いに行く必要がありません。
もちろん通院する必要もないから、仕事で忙しくても続けやすいのがうれしいですね。
私もその病気になったけど、2か月くらいで完治しました。
ですから、落ち込まずに喉のケアをして痰と声の枯れを治していきましょう。

痰が絡んで声が枯れる理由

痰が絡んで声が枯れるのには、ある理由があります。
痰は健康な人なら、喉の奥に絡まずさらさらと胃まで流れていってしまいます。

 

しかし鼻の奥の副鼻腔に鼻水がたまっていたり、食道に汚れがたまっていたりすると痰がネバネバします。
その結果、喉の奥に絡んでしまい、それを出すために咳が出ます。
咳が喉に負担をかけるので、それで喉が傷んでしまって声が枯れることがあるのです。

ですから、痰が絡むうえに声が枯れるのは副鼻腔に鼻水がたまっていることが原因かもしれません。
こうした状態を急性副鼻腔炎、慢性副鼻腔炎といいます。
そして、この痰が絡む量が多くなると後鼻漏という病気になります。

健康な人でも鼻水は毎日2リットル以上喉の奥に流れるのですが、後鼻漏などで悩んでいる人はこの鼻水がネバネバしているから痰になって絡んでしまうのです。

声が枯れているのは喉が乾燥しているから

痰が絡むことの原因にもなりますが、声が枯れているのは単純に喉が乾燥してるからです。
後鼻漏で痰が喉に絡んで水分を持っていかれているので、普通に水分補給してても喉が渇いてしまうのです。

痰が喉に絡んで水分を持っていかれている場合は、今まで通りに水分を補給しても足りなくなってしまいます。
なにしろ1日に2リットル以上の鼻水が流れてくるので、これがすべてネバネバしていたら喉の水分はかなり持って
いかれてしまいますよね?

ですので、こまめに水分補給をしてください。
痰が絡んでいるだけで声が出づらくなるので、喉が乾燥すると余計声が出づらくなって声が枯れるのです。
喉にいい低刺激な水や白湯、ハーブティー、麦茶などの飲み物で水分補給をしましょう。

同じ水分でも炭酸飲料やアルコールは喉に刺激が加わるから、咳込んでしまう可能性があります。
咳込んでしまうと、さらに声が枯れるからよくありません。
また、甘いジュースは砂糖がたくさん入っているのでよくないですね。

砂糖は細い血管などをふさいでしまう可能性があるから、血行を悪くして体温を下げる可能性があります。
喉と鼻の健康に冷えはよくないから、甘くない飲み物を選びましょう。

後鼻漏や風邪で上咽頭炎になると声が枯れる

後鼻漏や風邪で鼻と喉の間の上咽頭に炎症ができると、声が枯れてしまいます。
でも、状咽頭炎でどうして声が枯れてしまうのでしょうか?

 

上咽頭は鼻と喉の間にあります。一方、声を出すときにつかう声帯は口の下、気道の下のほうにあります。
わかりやすく言うとのどぼとけの下あたりですね。

かなり離れているのに、どうして上咽頭炎が声に影響してくるのでしょうか?
調べてみると上咽頭から声帯までの器官を咽頭といいます。
声を出すのに関係している器官、呼吸をするのに関係している器官なのでひとくくりにされているのです。

声帯は呼吸するときは開いていて、声を出すときには閉じています。
声帯は声を出すためだけのものではないのですね。
そして、声帯から口までを気道というのですが、この期間には膿がたまりやすいといわれています。

夜寝ているときに体を横にしていると、起きているときは入ってこない鼻水が気道にも流れ込んできます。
サラサラの鼻水なら問題ないのですが、後鼻漏などでネバネバしていると、気道にへばりついてしまいます。
なかなか取れないので、嗚咽するみたいに意識的に吐き出すのです。

この嗚咽も喉に負担をかけるから、声が枯れる原因になります。
嗚咽を止めることは難しいので、喉のケアをきちんとしましょう。

上咽頭炎は炎症が起こっている範囲が広がると咽頭炎になってしまいます。
そうなる前にケアをしてください。

咽頭炎や後鼻漏以外の痰と声が枯れる病気まとめ

咽頭炎や後鼻漏以外にも痰が絡む、声が枯れるという症状になる病気はあります。
ここからは、声が枯れる病気を中心に紹介していきましょう。

 

・声帯ポリープ
血豆が声帯にできる病気で、歌手やアナウンサーなどに起こりやすい病気です。
2週間くらい大きな声を出さないで様子を見ていれば、自然と治ることがほとんどです。

声帯ポリープに似ている病気に「声帯結節」があります。
声帯結節は血豆ではなくタコです。できるところと見た目は同じですが、イボの中に血液はありません。
この場合も喉を休めて様子を見て、必要なら手術をします。ただどちらの病気でも、痰は出ません。

・咽喉頭酸逆流症(胃食道逆流症)
声のかすれだけではなく胸焼けする場合は、この病気の可能性があります。
咳が出る、食べ物を飲むときに引っかかって飲み込みにくいなどの症状があります。
痰は出ないです。

・甲状腺機能低下症
甲状腺ホルモンが低下して新陳代謝が遅くなることで、体の機能が落ちる病気。
動作が話し方が遅くなる、疲れやすい、寒がり、無気力、皮膚が乾燥する、毛が抜けるなど声が枯れる以外にも
症状があります。痰は出ません。

ほかには声帯を操作する神経がマヒする「反回神経麻痺」、喫煙者に多い「咽頭がん」、全身の粘膜が乾燥
してしまう難病「シェーグレン症候群」、声帯の震えをコントロールできなくなる「痙攣性発声障がい」が
あります。

これらの病気にも「痰が絡む」という症状はありません。
ですので、あなたの症状には当てはまらないですね。痰が絡んで声が枯れてしゃべれないとき

痰が絡んで声が枯れてしゃべれないときは、どうすればいいのでしょうか?
私は後鼻漏でよくこういう状態になっていました。

 

私の場合は雑貨の販売職をしていたので、しゃべれないのは死活問題でした。
どうしても声が出ないときは筆談にした日もありますが、それではやはり接客業が成り立たないので、喉のケアを
して声を出しやすくしていました。

卓上加湿器をレジの近くに置かせてもらう、のど飴を常備する、ミンティアを常備する、温かい飲み物をレジの
近くに置く、このようにしてとにかく喉を潤わせることを心掛けていました。

それでも症状が一時的に収まるだけで完治はしてくれません。
そこで、もっと効果が期待できる方法に切り替えてみました。

痰が絡んで声が枯れる場合の効果が期待できる対処法

痰が絡んで声が枯れる場合は、温かい飲み物で加湿・加温すると効果が期待できます。
でもただ温かい飲み物を飲むだけではなく、効果が期待できる者を飲みましょう。

 

痰が絡む・声が枯れるのに効果が期待できるのは、なた豆茶です。
排膿作用、抗炎症作用などの作用が期待できるから、痰の原因になっている鼻の奥の鼻水や気道の汚れなどを排出
しやすくしてくれます。

排出しやすくなるということは痰が出る量が増えるということですが、その期間は1か月以内で、その間にどんどん
症状がよくなっていきます。私の場合は飲み始めて3週間くらいで声が枯れるのが治りました。
あなたも痰が絡んで声が枯れるなら、なた豆茶を試してみてください。

なた豆茶を飲んでいると、声を出すときに痰が絡むのが少しづつなくなっていきます。
ホットで飲むと飲んだ瞬間からある程度しゃべりやすくなるから、私はアイスで飲むよりもホットが好きです。
味はほうじ茶のようなさっぱりとした味で、優しい香りがするから癒されます。

薬で治療するとこういう癒し効果がないから、なた豆茶ならではのメリットだと思いますよ。
タイトルとURLをコピーしました