PR:記事内に広告が含まれています。

正しい対処法は?鼻水が喉に流れる場合飲み込んでもいい?

健康

鼻詰まりがひどいなと思っていたら、だんだん鼻水が喉に流れるようになってしまった。
こんな症状に悩んでいる人は、意外と多いです。

この症状のことを「後鼻漏(こうびろう)」というのですが、調べてみると成人の約3割が後鼻漏なのだとか。
でも、その中のほとんどの人が正しい対処法を知らずに生活しています。

「高校鼻漏が治らないからいいか」とあきらめて生活していると少しづつ悪化して、顔面痛や視力低下などの
症状が出てしまいます。そこで、私と一緒に正しい対処法を勉強していきましょう。

鼻水が喉に流れるのを抑えるのは禁止

鼻水が喉に流れてくるしいとき、「鼻水をとめたい」と思いますよね?
しかし、実際に薬で鼻水を止めてしまうのはよくありません。

 

その理由は、鼻水は基本的に喉に流れるものだから。
健康な人は雑菌や白血球の死骸、体内のごみなどがあまり含まれていない鼻水だからサラサラしています。
でも後鼻漏になると鼻水に含まれる白血球や雑菌の死骸の量が増えて、ドロドロ・ネバネバになってしまいます。

このネバネバになった鼻水が1日中喉に流れると、痰が絡んで咳込んでしまったりします。
とてもつらいし不愉快だから、対処して症状を抑える必要があります。
でも、多くの人はその対処法を間違っています。

一時しのぎにしかならない対処法を繰り返して、症状が根本的に治っていないのに「とりあえずでよくなった」
というのを繰り返しているのです。

対処法が間違っていると後鼻漏は治らない

後鼻漏の対処法は、どうしてもつらい鼻水を止めること、痰の切れを良くすることに集中してしまいます。
でも、鼻水を止めてしまうと鼻の奥にたまっている鼻水にますます雑菌が繁殖してしまいます。

 

そして、鼻の奥の副鼻腔に鼻水がたまって雑菌が繁殖すると炎症が起こります。
膿が出てしまって、ますます後鼻漏の症状がひどくなるのです。
そして、さらにドロドロになってしまうと鼻水はもう流れてきません。

固まる前のボンドのようにネバネバになって、副鼻腔にへばりついてしまうのです。
頭蓋骨の内側にネバネバの鼻水がへばりついたまま生活を送ることになるので、鼻の奥から悪臭がするようになります。

これでは、解決したと言えないですよね?
ですので、後鼻漏で鼻水が喉の奥に絡んでつらいときでも、鼻水はしっかり出しましょう。
鼻水を出すには首周りを温めて、水分補給するのがいちばんです。

加湿・加温をすると鼻と喉の粘膜の繊毛が活発に動いて、鼻水を出しやすくします。
しばらくはドロドロの鼻水が喉に絡んでつらくなってしまいますが、それが終わったらすっきりしますよ。

後鼻漏の原因になっている症状を治療することも大切

加湿と加温以外には、後鼻漏の原因となっている病気を治すことも大切です。
ここからは、後鼻漏の原因になりやすい病気について紹介していきます。

 

後鼻漏の原因になりやすい病気は、慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、上咽頭炎です。
慢性副鼻腔炎は蓄膿症、アレルギー性鼻炎は花粉症で、上咽頭炎は鼻と喉の境目にできる炎症のことです。
風邪をひいたときに、上咽頭炎になる場合が多いですね。

これらの病気は専用の薬や漢方、治療法で解消する人が多いです。
でも、慢性副鼻腔炎を繰り返す人も、花粉症を繰り返す人も、上咽頭炎を繰り返す人も多いのが現実。
私も花粉症を毎年繰り返していて、もう一生治らないものだと思っていました。

でも、正しい対処法をしたら花粉症にならなくなりました。
耳鼻科で粘膜を焼いてもらったり、薬をもらったりする人が多いですが、もっとかんたんで効果が出やすい方法が
あります。

また、上咽頭炎も塩化亜鉛を患部に塗る対処法があります。
これをBスポット療法というのですが、体験談には「死ぬほど痛い。絶対にもうやりたくない」と書かれていました。
Bスポット療法は塩化亜鉛を喉の奥に直接する治療法です。

体験談にも書かれていましたが、「泣くほど痛い」「飛び上がるほど痛い」と多くの人が口コミを寄せています。
しかも、1回では治らないので2~3回やらないといけないし、鼻と喉の境目という口を大きく開けただけでは見えない
部分の治療です。

間違って炎症が起こってないところに塩化亜鉛を当てると、ただものすごい痛いだけなので意味がありません。
このBスポット療法は熟練の技術が必要だから、やってくれる病院を探すところから始めないといけないのです。
このように後鼻漏も後鼻漏の原因になる病気も、病院の治療では完治するのは難しいです。

痛みもないし通院する必要もないなた豆茶

後鼻漏も、後鼻漏の原因になる病気にも効果が期待できるのは、なた豆茶です。
鹿児島県産のお茶で、農具のなたのように大きな豆です。

 

なた豆は鹿児島県以外でも栽培されていますが、環境が合わないから30㎝くらいにしか成長しません。
鹿児島県のなた豆茶は70㎝くらいの大きさになるので、栄養価も高く飲んでいると効果が出やすいです。

私はなた豆茶が後鼻漏と花粉症にいいと聞いて、飲み始めた時ケチって安い中国産のものを選んでしまいました。
無添加と書かれていたからいいだろうと飲んでみたのですが、鼻水の出が少し良くなっただけでした。
鼻どおりも「息がしやすくなった気がする…」程度の変化で、「効果があったのかな?」と疑問に思う感じでした。

しかし、鹿児島県産のなた豆茶を飲み始めてからは黄色い膿のかたまりのようになった鼻水がドバーっと出てきた
のです。同じなた豆茶でここまで効果に違いがあるなんて、びっくりでした。

みんなが実践している後鼻漏の治療法まとめ

私に効果があったのはなた豆茶ですが、みんな思い思いの方法で治療をしています。
ここからは、みんなが実践して効果があった方法をまとめてみました。

 

ある男性の体験談を読んでいると、「ガーゼ治療が効果があった」そうです。

ガーゼ治療とは長い面倒にテラマイシンを少しつけて、鼻の穴の中にぐるぐる塗る方法です。
鼻に直接綿棒で寝るから鼻水が出てきたり、鼻くそが付いたりするけど、ティッシュでふき取ってからやるのだとか。

 

テラマイシンについて調べてみると、抗生物質が含まれている軟膏のことで、雑菌を殺菌する効果が期待できます。
後鼻漏のときに抗生物質を耳鼻科で処方される人が多いから、塗る抗生物質といった感じですね。
抗生物質は確かに効果があるのですが、飲み続けないと元の症状にもとります。

ですので、テラマイシンも毎日塗り続けないと元の症状に戻ってしまう可能性があります。
しかも、副鼻腔にたまっている鼻水を排出する効果は期待できないから、なた豆茶のほうがメリットがありますよ。
長い綿棒はドラッグストアでも売っていますが、毎日綿棒につけて塗ってというのは手間がかかりますね。

しかもテラマイシンの治療法は、最後にナザールという花粉症用の点鼻薬を指すのです。
花粉症用の点鼻薬は中毒性があるから、できるだけ治療に使わないほうがいいといわれています。

男性はこの方法を3回やったら3日連続で翌朝、緑色や黄色の鼻水のかたまりがドバドバ出てきて治ったそうです。
でも3日で効果が出なかった場合は長期間使い続けてしまう可能性もあるから、私はしないほうがいいと思います。

薬を使う対処法よりも健康的ななた豆茶

薬を使う対処法よりも健康的ななた豆茶を使った方法のほうが、中毒などの危険がありません。
また、通院する必要もないし、ドラッグストアに探しに行く必要もありません。

 

なた豆茶はネットから通販で買えるから、自宅で届くのをただ待っているだけでOK。
手間がかからないから続けやすいのがうれしいですね。

健康にいいハーブティーはきつい臭いがしたり、味が独特だったりしますが、なた豆茶はほうじ茶のような麦茶のような優しいほっとする味と香りです。
タイトルとURLをコピーしました